世界観

2019-03-30 14:02:48

最後の大戦後、連邦は繁栄を再建し、エアザリアのカルザスと友好関係を築いた。大陸は再び平和を取り戻したが、聖剣は激戦によって損なわれ、伝説は永遠に語り継がれていく。

しかし平和は永遠に続きませんでした。約150年後には、サンフランシスコ・グレッサがエリヤ大陸に戻り、原因不明の破壊によって大陸に散ってしまいました。

時代は変わり、現在の大陸にはすでに二つの新しい国家が形成されています。貿易商団と傭兵団で同盟を結んでいる貿易国のイバス連邦、そして守護神を信仰する君教と二元制国家のヒノベルルが並立されています。

魔法使いのチェシカはこの時代の法師を助けて、かつてのラガース王国の浮空城の廃墟に魔法使いの自由城バンティズレオを建てました。

静かに復活した闇の国のファルーグリアは、大陸と大国の間の流血衝突を内外で策動し、「血の印を刻んで、魔剣を再造する」という計画を立てました。

小さな村で、聖剣を再鋳造した軍団が歴史舞台に上陸し、聖女を守り、聖剣を鋳造し、暗黒に立ち向かう戦争を開始しました。

×