戦闘規則

2019-03-28 15:49:58

『幻のシミュレーション戦』は戦将棋ゲームの元祖作品で、27年の光輝の歳月が彼を汚すことはなかった。その遊び方の魅力は一方である。それは非常に豊かなプレイ性があり、また新しいプレイヤーにとっても、少しも難易度があります。

対戦将棋ゲームは、ラウンド制で、キャラクターが演じていて、地図の上でキャラクターを押して戦うゲームです。簡単に言うと、双方が交代で手を出して、順次攻撃します。このゲームは将棋のようなもので、策略を中心にして、戦将棋ゲームと呼ばれる。

「攻撃の範囲と危険範囲」

対戦将棋ゲームでは、単位ごとに最大の移動距離が固定され、移動距離と射程は単位の攻撃範囲を決定する。幻想的なシミュレーション戦では、自分のヒーローをクリックして、青色のエリアは移動可能な範囲で、赤色のエリアは攻撃することができないが移動できない範囲です。同じように、敵単位をクリックしても、相手の移動範囲と攻撃範囲を見ることができます。

幻のシミュレーションゲームでは、左下の危険範囲を直接クリックして、次のラウンドで攻撃される可能性があるかどうかを判断することができます。

「戦闘単位」

戦闘中には、指揮官は複数の「部隊」を操作する必要があり、各& ldquo ;& ldquo ;& ldquo ;英雄& ldquo ;兵士& rdquo ;で構成されています。

「戦闘ルール」

戦闘中は、敵味方双方がラウンド制のルールに従って交代します。地図上の指揮官は「格」を押して指揮部隊が作戦を行います。部隊の対戦では、一般的な前方の兵士が先に傷害を受け、兵士が戦死した後で英雄が傷害を受けます。

×